槻岡佑三子
 
槻岡佑三子/つきおか ゆみこ
スタジオソイ一級建築士事務所
〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南1-16-9
坂井ビル4F
TEL 03-3316-2545
HP: http://www.studiosoy.com
E-mail: studiosoy@nifty.com
     
 
出身地
群馬県
 
最終学歴
日本女子大学家政学部住居学科
 
職歴
1998-2004:(有)荒木毅建築事務所/主に住宅の設計監理に従事
2004:スタジオソイ設立

 

 
生年月日
1970年
  資格 一級建築士、インテリアコーディネーター
 
趣味
農作業、読書、落語鑑賞
     
 
建築についての思い・考え・大切にしていることなど

編集すること
建物を設計する際には、さまざまな条件が提示されます。
依頼主さんからのご要望、予算、周辺の環境、建築に関する法令などなど。
雑多な要件をあぶり出し、それぞれの必要性について、精査してまとめる。
私は設計するということを、編集作業のように考えています。

居心地が良いこと
心地良さのポイントは、人それぞれだと思います。
空間の広がり、細かな寸法、季節や天候の移ろい、内と外との繋がり、光や風の取り入れ方…。
打ち合わせを重ねながら、それぞれの依頼主さんに合った空間のあり方を探り、永く使われる居心地の良い場所を作りたいと考えています。

簡素に仕上げること
使われ方の変化、好みの変化に対応し、流行に流されずに新しいものも受け入れられる、さりげない「地」であること。
そんな簡素で力強い建物を作りたいと考えています。

 

         
作品例        
   
千住改修/寝室+ダイニングキッチン   千住改修/書斎    
畳の続き間だった2階。
既存の柱、天井や建具を利用し、新設部分も建物の持っていた雰囲気を生かすように計画しました。
  四周に本棚を巡らせた書斎。
カウンター机は無垢の一枚板。窓から外へ視線が繋がり、小さいながらも居心地の良いスペースです。
   
         
     
東大和の家/外観   東大和の家/ダイニングキッチン    
HOUSE SYNDICATEプロジェクトの第一弾として設計した住宅。住宅密集地に関わらず、窓の位置や床レベルを工夫する事で明るく伸びやかな空間になりました。共同設計:雄設計室   小さくても使い易い様に考えたオーダーメイドキッチン。    
         
     
富士吉田の家/外観   富士吉田の家/土間、リビング    
富士山の麓に作った農的開放感のある家です。外壁はガルバリウム鋼板、大きな縁側があります。   キッチンと一体になったリビングは床座にも対応できるようにコルク貼りとしています。障子戸の向こう側は縁側になっています。    
         
メンバー紹介TOPへ